« タミヤ パンサーG 初期型 その10 <ツィンメリットコーティング> | トップページ | タミヤ パンサーG 初期型 その12 <下地塗装> »

2012年7月14日 (土)

タミヤ パンサーG 初期型 その11 <砲身の組み立て>

ツィンメリットコーティングさえ終われば、あとは各部を組み立てていくだけです。

その中でも、主砲は戦車の顔ともいえる重要なコンポーネントです。。
最近は一体成型になった部品も見かけるようになりましたが、大半は左右貼り合わせの部品構成になっています。
この合わせ目の処理はやはり気を使いますね。どうせならきれいに消したいものです。これにはいくつか方法があると思いますが、筆者のやり方を紹介しておきます。もし参考になれば幸いです。



要するに、「隙間を作らないこと」より「合わせ目をずらさないこと」のほうを重要視しているというだけのことです。隙間はパテで埋めれば修正できますが、ずれていびつになった砲身断面を真円に修正することは容易ではありません。できた段差を消すだけなら出た側を削ればいいだけですが、それでは妙に平べったい、楕円のような断面になってしまいます。
もっとも、筆者が「接着剤はみ出し法」でピッタリと合わせられないだけの話なんですが…。

|

« タミヤ パンサーG 初期型 その10 <ツィンメリットコーティング> | トップページ | タミヤ パンサーG 初期型 その12 <下地塗装> »

タミヤ パンサーG 初期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637669/46218793

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ パンサーG 初期型 その11 <砲身の組み立て>:

« タミヤ パンサーG 初期型 その10 <ツィンメリットコーティング> | トップページ | タミヤ パンサーG 初期型 その12 <下地塗装> »